タイムレコーダーにどんな種類がある?ICカードで読み取るタイプが便利かも!!


ICカードを使うタイプのタイムレコーダー

鉄道の定期券と言えばかつては磁気タイプが主流でしたが最近は電子マネー機能を備えたICカードタイプが増えています。定期券以外でも流通系の電子マネーなどでもICカードが使われICカードを持っている人がかなり増えています。従業員の多くがICカードを持っているならICカードを使うタイムレコーダーを導入してみましょう。タイムレコーダーと言えば毎月用意される紙製のカードに直接時刻を打刻印刷するものがありましたが、ICカードを使用タイプは印刷による打刻はしません。メリットは他人のタイムカードを代理で打刻する不正が少なくなる点です。デメリットとして少なからずICカードを持っていない人がいる点で、その人たちには別途ICカードを用意してもらう必要があります。

パソコンやスマホから打刻するタイプ

仕事をすると言えば事務所に出社して行うのが一般的です。しかし事務所内で仕事をするだけでなく営業先さらに自宅でリモートワークをする人もいて事務所にタイムレコーダーを設置しても打刻できない人が増えています。従業員の働き方が大きく変化しているのであればパソコンやスマホを使って勤務時間を管理できるタイムレコーダーを導入しましょう。パソコンやスマホから始業や終業の打刻を行うとその情報がネットを経由して本社に送られる仕組みです。メリットはパソコンやスマホさえあればできる点でほぼすべての従業員に使ってもらえます。デメリットは打刻をする時間に恣意性が生じやすい点でしょう。本当に仕事を開始しているのか終了しているのかデータ以外で確認する仕組みが必要かもしれません。

タイムレコーダーを導入するときには、勤怠管理の事情に合わせた機能が搭載されている機種を選ぶと良いでしょう。

Back To Top