貸し倉庫を効果的に使いたいときに欠かせないポイントは?

契約可能なスペースの広さと月額料金の関係をチェック

貸し倉庫は、家庭内で収納できなくなった物品を保管する際に便利なものとして、多くの消費者の間で普及し始めています。特に、季節限定の大型家電や衣服、食器類などの嵩張るものを上手く収納したい場合には、早いうちから各地の貸し倉庫の契約可能なスペースの広さと月額料金の関係について調べることが大切です。

貸し倉庫を管理する大手の会社の中には、新規の顧客を対象に大きなスペースをリーズナブルな料金で提供したり、契約更新のたびに基本料金の値下げをしたりしているところも少なくありません。また、立地が良い貸し倉庫は月額料金にかかわらず、すぐに満室となってしまうケースもあるため、ニーズに合う倉庫を見つけたときにはスムーズに契約手続きを完了することがおすすめです。

高価なものを収納するならセキュリティも重視しよう

貸し倉庫にジュエリーや時計、ブランド品など高価なものを収納したい場合には、身近なところにある倉庫のセキュリティの良し悪しに目を向けることが肝心です。たとえば、オートロック式の屋内型の貸し倉庫は、月額料金が少し高い傾向が見られますが、長期にわたり大切なものを安心して預けられるといった魅力があります。貸し倉庫の管理会社によっては、警備会社と提携をしたり、管理人を常駐させたりしているところもあるため、じっくりとそれぞれの会社の取り組みを把握することが大事です。その他、時間があれば各地の貸倉庫に設置されている防犯カメラの数や、盗難や紛失時の補償の有無についても確認しておくと良いでしょう。

3PLとは“サード・パーティー・ロジスティクス”の略称であり、物流業務の新形態として急速に注目を集めています。

Back To Top