一体何のために行う?新人合宿研修を行うワケ


学生から社会人への生まれ変わりを促進

新人合宿研修には、社会人としての気持ちの芽生えを促す狙いがあります。立場上は社会人になったとはいえ、それまでは学生として過ごしてきた者たちですので、まだ学生気分が抜けていない人も多いです。まずはそうした気持ちから脱却させるべく、合宿を通して規則正しい日常を植え付けると共に、座学や演習を通して、社会人にとって必要な心構えやマナーなどを教えていくという目的があります。

共に働く仲間との連帯意識を養う

合宿に参加する者たちは、同僚という立場で一緒に働いていくわけですが、なかなかお互いに馴染めないこともありますよね。なれ合いが必要なわけではないものの、業務を円滑にするためにも、それなりにコミュニケーションが取れるに越したことはありません。そこで開催されるのが合宿でもあり、生活を共にさせることでお互いを深く知ることができ、これから待ち受ける業務も団結力をもって取り組めるようになるはず、という効果が期待されています。お互いがよそよそしいと能力も存分に発揮しにくいものですので、予め距離感を詰めておくのは有効とも言えそうですね。

集中して取り組むことができる

社会人に必要な心構えを持たせたり、仲間意識を高めたりするのは新人研修の狙いでもありますが、そもそも合宿でやる必要があるのか疑問に感じるところでしょう。しかし合宿だからこそ、集中できるというメリットがあるのです。大抵の場合は周囲に何もない環境の中で合宿が開催されますが、こうした環境ですと他に何もできることがありませんので、カリキュラムにも集中させられるというワケですね。

新人研修は新卒や中途採用で入社した人たちを対象に行われる研修のことです。社内や、企業の研修施設などで行われます。

Back To Top