不当にお金を請求する相手はこちらの個人情報を知っている?


相手のプライバシーを把握してお金を要求しているのか

メールや電話、あるいははがきなどで不当にお金を請求する詐欺は後を絶ちませんが、それらに書かれている内容が、実際に自分のプライバシーを知らないと書けないことであると認識し、怖くなってお金を払ってしまう人も少なくありません。たとえば、「アダルトサイトに入会したのにお金を払っていないだろう」などです。では、不当にお金を請求してくる詐欺犯たちは、本当に相手のプライバシー情報を知っているのでしょうか。これは、可能性としては半々といえます。たとえば、アダルトサイトの入会者名簿がなんらかの形で流出する可能性はゼロではありません。もともと、そうした名簿を作成し、第三者に売却するつもりでアダルトサイトを作る人間も存在するからです。

怖くなって連絡してしまうのは厳禁

ただ、アダルトサイトに入会したかどうかはわからないものの、アダルト関連のグッズ購入者リストに名前が掲載されており、グッズを買ったことがあるならアダルサイトを利用した可能性もあるだろうということでメールを送りつけている可能性もあります。どちらにしても、メールアドレスや電話番号を把握されているのはほぼ確実です。では、不当にお金を請求するメールが届いたらどう対処すればいいのかというと、無視しかありません。メールに書かれている電話番号に問い合わせてしまうのは一番やってはいけないことです。メールでお金を要求してくるということは、相手は「メールアドレスしか知らない」ということであり、電話をして電話番号や住所を教えてしまうとさらに面倒なことになるからです。無視するといってもメールが届くだけで怖いのであれば、アドレスを変えるのがもっとも有効といえるでしょう。

機密文書は部外者に漏れてはいけない内容が書かれているため、処分には細心の注意が必要です。しかし、完全に廃棄することは難しいため専門の業者に依頼することをおすすめします。

Back To Top