失敗しない太陽光発電!チェックポイントはココ!


設置場所の向き不向きを考えよう

太陽光発電を行う場合、大切になるのが太陽光パネルの設置場所です。一般家庭で太陽光発電をする際は、屋根を利用することが多くなります。他の建物に遮られず、太陽光を確保出来る場所であり、設置による影響が少ないため、屋根は最適な場所と言えますが、向き不向きもあるので注意が必要です。まず、勾配の有無や工法によって太陽光パネルの設置条件は変わります。そのため、同じ規模の太陽光パネルを設置する場合でも、条件によっては費用面に差が出ることも少なくありません。また、屋根の向きによって太陽光パネルの設置方角が決まります。パネルの設置向きによって発電量も変わりますが、屋根の作りは変更出来るものではないので、望む発電量を確保出来ない場合もあります。設置場所の向き不向きを知り、採算が取れるのかどうか、しっかり検討することが大切ですよ。

メンテナンスを考えよう

太陽光発電で必要となる費用は、太陽光パネルを設置する際にかかる初期費用だけではありません。一度設置したら、ずっと使えるといった代物ではなく、一般的な電化製品と同様、継続的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスの有無は発電効率に影響する部分でもあるので、しっかりと考えておくことが重要です。自力で行うのか、業者に頼むのかといった点はもちろん、どのくらいの頻度で行うのか、そのために必要な費用はいくらなのかといったことも、把握しておくことが欠かせません。適切なメンテナンスは、太陽光発電のシステムを長持ちさせるだけでなく、異常があった場合の早期発見にも役立ちます。太陽光発電を設置する際は、設置後のメンテナンスをどの様に行うのかといった点も検討しておくことが大切ですよ。

太陽光発電の価格は、メーカーなどにて幅がありますが、1kWあたり24万円~35万円程度が相場です。また、初期費用を増やして大きな設備を導入した方が発電量は多い傾向です。

Back To Top